leer
powered by Joomla! logo
BATJ Header1 LogoBATJ Header2 flowerBATJ Header3 Big BenBATJ Header4 River CamBATJ Header5 Piccadilly CircusBATJ Header6 Japanese Textbooks
Erfurt live Header8
Japanese(JP)English (United Kingdom)
Erfurt live Header10 Erfurt live leer0
Erfurt live leer
最近更新された記事
Erfurt live leer
閲覧回数の多い記事
Erfurt live leer
Erfurt live leer
英国日本語教育学会 - BATJ
2018年5月 JF/BAJS/BATJ 春のシンポジウム「(Re)defining and Promoting Japanese Studies in UK」

日時: 2018年5月18日 (金) 13:30-18:30、19日 (土) 9:00-16:30
会場: リージェンツ大学ロンドン、Tuke115
参加費: 20ポンド (会員・非会員・学生一律)

このシンポジウムでは、複数の基調講演と四つのパネル・ディスカッションを通じ、以下の課題について考えます。

1. Understanding the ‘hook’:

a.

What ignites students' interest in Japanese studies and draws them into studying Japanese language and culture at the University level? (E.g, academic research, employment, leisure interest).
b. Has there been any change in students’ profile for the last 10 years?
c. Understanding what students want and need, and how to best respond to them.
2. Identifying the current trend of the curriculum of the Japanese Studies programmes across UK. In particular:
a. How to best use Japanese language materials in Japanese Studies classes/modules
b. How to fully integrate the year abroad into the programme (and what happens if they cannot go)

3.

Crystallising the future direction for a better partnership between Japanese Studies lecturers and language teachers

- 暫定プログラム
- 会場への行き方

参加方法:
1) オンライン参加申し込み
2) 参加費支払い: PayPalにてお支払いください。

[ご注意!!]↑↑1) オンライン申し込み及び2)参加費支払い (PayPal) の二箇所で手続きが必要になります。

20 GBP
  • 上記の参加費にはPaypal手数料が含まれています
  • 変更・キャンセルは、20185月7日月曜日までにご連絡ください。5月8日火曜日以降の変更・キャンセルには、参加費の払い戻しができませんので、ご了承ください。

 

協賛団体:


 
第21回BATJ年次大会
日時: 2018年8月31日(金)、9月1日(土)
会場: ブリストル大学
基調講演:

庵功雄教授 (一橋大学)



お問い合わせ: 大枝由佳 < このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい >

● 発表募集

 
第13回大学生のための日本語スピーチコンテスト - 結果発表 -

日時: 2018年2月24日(土) 13:00-19:00
会場: グレート・ホールキングス・カレッジ・ロンドン

スピーチ部門

優勝
へスター・マレン (エディンバラ大学 4年生)
「『人が輝く森林未来都市しもかわ』:小さな日本の町が世界に与える影響」

準優勝
イー・チン・チョウ (ロンドン大学SOAS 4年生)
「日本における若い女性のネガティブなボディイメージとメディアの影響」

第3位
イン・クワン・ラオ (イースト・アングリア大学 2年生)
「若者から中高年へ ニート問題の深刻化と家庭教育の重要性」

上位入賞 (アルファベット順)
ピーター・アドロフソン (エディンバラ大学 4年生)
マーク・マクフィリップス (リーズ大学 5年生)
エリザベス・ワイルダー (リーズ大学 4年生)

個人プレゼンテーション部門

優勝
エリス・ウォレン (ロンドン大学SOAS 2年生)
「イギリス人に関してーイギリス人と人種的寛容性」

準優勝
セバスティアン・リム (インペリアル・カレッジ・ロンドン 4年生)
「シンガポールの過去と現在」

上位入賞 (アルファベット順)
メアレ・カーチャ (ロンドン大学SOAS 2年生)
ジュンシー・ペン (インペリアル・カレッジ・ロンドン 3年生)
アダム・パウエル-デイヴィス (オックスフォード大学 1年生)

グループ・プレゼンテーション部門

チームワーク賞

ワンダーランドの仲間たち (ブリストル大学)
「イングランドの国のアリス、北と南」
ルイス・レニー-カンベル、ルーシー・クロス、アリス・ファン、コスモ・ラッドフォード

民族伝承賞

シープジャンプ (イースト・アングリア大学)
「ルーマニアの文化イベントと迷信の関係」
マダリーナ・アントニア・スタン、リディア-ヴェロニカ・ルカチウ

文化理解賞

きゅうりクラブ (リーズ大学)
「イギリス:期待と現実」
オリヴィア・メニン、ジェイディ・コッツィ、ジェンソン・グレック、アレクサンドラ・バラノヴァ

健康推進賞

ホットホットホット! (キングス・カレッジ・ロンドン)
「からい!」
ミン・ジュー・リー、ハン・ジャン

ダウンロード:

- 決勝大会プログラム

Supported by:


お問い合わせ:
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい
 
Erfurt live leer
Erfurt live unten Erfurt live leer Erfurt live unten

© The British Association for Teaching Japanese as a Foreign Language - BATJ