leer
powered by Joomla! logo
BATJ Header1 LogoBATJ Header2 flowerBATJ Header3 Big BenBATJ Header4 River CamBATJ Header5 Piccadilly CircusBATJ Header6 Japanese Textbooks
Erfurt live Header8
Japanese(JP)English (United Kingdom)
Erfurt live Header10 Erfurt live leer0
勉強会(SIGs)
SIG ガイドライン

SIGガイドライン

 
2012年9月 BATJ CEFR 研究会

日時:2012年9月22日(土)午前10:30から午後12:30まで
会場:のちほど参加希望者にお知らせします
形式:ディスカッション

参加資格:BATJの会員に限るが、非会員でも会員の紹介があれば可。この場合は、会員が小木曽左枝子に前もって連絡するようにしてください。
担当者:古川彰子 、小木曽左枝子
連絡先:
  小木曽左枝子 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい (参加申し込み)
  古川彰子 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい (その他)

★担当者より★

各機関のmodule descriptions を検討した去年の研究会に引き続き、今回はCEFRを日本語教育、日本語学習に取り入れる可能性について話し合い、経験、アイディアを分かち合いたいと思います。CEFR、JF Standardを取り入れる試みをされている方、または関心のある方、是非ご参加ください。

参加ご希望の方は9月18日までに小木曽左枝子( このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい )まで、e-mailでお知らせください。

また、当日、ディスカッションに役立つと思われるものがありましたら、お持ちください。

 
BATJ CEFR研究会

会場:ロンドン大学アジア・アフリカ研究学院(SOAS)Russell Squareキャンパス
日時:2011年9月23日(金)15:00-17:00
形式:ディスカッション

参加資格:BATJ 会員

担当者:古川彰子
連絡先:
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい

各機関の日本語コースのmodule descriptionを持ち寄り、CEFR/ JF Standardとの接点を探り、意見交換をしたり、アイディアを出し合ったりします。

参加ご希望の方は9月19日までに古川彰子まで、e-mailでお知らせください。

また、当日、日本語のmoduleのmodule descriptionをお持ちください。

 
TBLR (Task-Based Learning Research) SIG ワークショップのご案内

日時:2010年3月29日(月) 13:30‐17:00
会場:Room S2.8 in Sam Alexander building, University of Manchester
参加費:無料

担当者:百濟 正和(カーディフ大学)
参加申し込み:百濟まで( このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい

3月29日(月)マンチェスター大学においてTBLR SIG主催のワークショップを開催します。12月のBATJセミナーではタスクベーズの理論に当たるところを紹介しました。今回は、CEFRの記述をもとにタスクベーズの教材開発について検討したいと考えています。一つのプロト・タイプをたたき台にしてタスクベーズの教材開発の方向性を探りたいと思います。できるだけ多くのBATJ会員の参加をお待ちしております。参加希望者は百濟(カーディフ大学)までご連絡ください。

ワークショップを通して検討する事項:

1. タスクベーズの教材とは何か。
2. 教材開発においてCEFRの記述をどのように利用できるか。
3. B1のプロトタイプの教材構成は、A1、A2にも適用できるか。適用できないとしたらどのような構成が考えられるか。

 百濟 正和(カーディフ大学)

 
<< 最初 < 1 2 > 最後 >>

JPAGE_CURRENT_OF_TOTAL
Erfurt live leer
Erfurt live unten Erfurt live leer Erfurt live unten

© The British Association for Teaching Japanese as a Foreign Language - BATJ